全23件

京都大学 農学部 資源生物科学科
同志社大学 理工学部

岡 僚祐
田辺
私が合格することができた1番の要因は、目標をしっかり定めたことだと思います。私はここに入学した当初、医学部志望でしたがしっかり自分と向き合い1番学びたいことは何かをしっかり考えました。農学部に志望を変えようとした時、吉田チューターは背中を押して下さり、親も自分の夢を応援してくれたことがすごく力になりました。この1年辛かったですが、後の人生にきっとプラスになってくれると思っています。1年間本当にありがとうございました。

京都大学 工学部 情報学科
山本 昂大
向陽
京大に合格するという大きな決意をもって臨んだ浪人生活でしたが、完璧とはいきませんでした。高校に比べ強制力の弱い予備校で、モチベーションを保ち続けるのは、とても難しいことです。僕が1つ自分に課していたことは、「毎日、予備校に行く」ということです。やる気を失いそうな時期もありましたが、この決め事が、無くなりそうなやる気をギリギリのところで留めてくれました。浪人の1年は思いの外、長く苦しいものだと思います。ですが、これほど将来の事や進路と向き合う時間も貴重だと思うので、どうか悔いのない1年にして下さい。ありがとうございました。

大阪大学 基礎工学部 電子物理科学科
同志社大学 理工学部
明治大学 農学部

酒井 優
智辯学園和歌山
「浪人する」とはその分家族に負担をかけるということです。でも、その分だけ、合格した時は自分以上に家族も喜んでくれます。だから、1年間「自分なりに」勉強し続けましょう。英数学館では、自分で好きな勉強計画を立てることができますから!あと、できるだけ毎日英数学館に行きましょう。浪人生に土日祝日は関係ありません。登校して、チューターや友人と交流して、勉強のモチベーションを上げ続ける。それが合格の秘訣ですよ。

大阪大学 基礎工学部 電子物理科学科
近畿大学 生物理工学部

古川 夏葵
桐蔭
私が志望校に合格できた理由は、勉強時間の多くを英数学館で過ごすよう心掛けたからだと考えています。自宅の学習環境には、自室の落ち着いた雰囲気や、気の置けない家族など、学習能率を下げる要素が存在します。しかし、英数学館の自習室では、英数生に囲まれ緊張した空気感の中で、能率良く学習を進められます。従って、可能な限り自習室を利用するのが良いと私は考えます。

和歌山県立医科大学 医学部 医学科
西村 加奈
橋本
「自己を磨く。」この言葉を掲げて1年間、英数で頑張りました。ただ我武者羅に量をこなすのではなく、質を上げる。時間がないことを言い訳にせず、積極的に家のことを手伝う。そう心に決め、浪人生活を送りました。しんどい時、辛い時、周りを見るといつも共に戦っている仲間がいました。応援してくれる家族、熱心に指導してくれるチューター、講師の先生方。周囲のサポートがあったから、合格することができました。学力だけでなく精神面でも成長することができた1年でした。

全23件